光マンションタイプとは

マンションやアパートの大家さんや管理組合によって決められていることが多いため、あまり関係有りませんが、光マンションタイプの中にもいくつか種類があって料金にも違いがあります。

まず、一つの集合住宅内での契約者数によって、プラン1、プラン2、ミニの3種類があって利用者数が多いほど月額利用料が安くなっています。また、配線の方法によって【光配線方式】【VDSL方式】【LAN配線方式】の3種類があり、ファミリータイプと同じように自宅まで光ファイバーをつなぐ光配線方式は設備料が最も高く、次いで従来の電話線を利用してADSLのように自宅までつなぐVDSL方式は少し安く利用できます。(ただし利用できるサービスが限られます。)、LAN配線方式の場合は自宅までをLANケーブルで接続するため設備利用料が必要ありません。

これによって料金は、プラン2のLAN配線方式の2,625円からミニの光配線方式の4,620円までの間のどれかになります。ファミリータイプだと、5,460円ですからいずれにしてもお得に利用できます。

光の料金について

★光回線の料金

光回線の料金は1度限りではなく、光熱費のように使い続ける限り、払い続ける負担のあるものです。 できるかぎり費用を安く済ませたいという方も多いのではないでしょうか。

ただ一言で光回線の料金といってもプロバイダで違うので一概のは料金を特定できません。

特にNTTの光回線、フレッツ光とともにプロバイダとも契約しなければなりませんので契約しているプロバイダが違えばそれぞれの月額料金も変わってきます。

ただ、フレッツ光の光回線の料金は固定されていますのでプロバイダが変わっても光回線の料金は変わりません。

なので少しでも安くすませたいため安いプロバイダを探す必要があります。 安いプロバイダさんはいろいろありますよ。 ASAHIさんとかはお安くなっております。

★料金がどこよりも安いプロバイダ

光回線は料金が固定のためプロバイダ料金が安いプロバイダをついつい探してしまいます。

プロバイダ料金が安いのはASAHIさんとかがお安くなっております。

ASAHIさんのプロバイダ料金は819円で他のプロバイダさんより最大441円お得で1年間で比べると最大5000円以上の差が出てきます。

他にもプロバイダ料金が安くなっているところは他にもあります。

料金は各プロバイダの公式ホームページなどを参照にお決めください。 また、料金はホームタイプとマンションタイプなどタイプもさまざまあり、それにより変わってきます。 その辺に関してもお気をつけください。

★料金にかかわる特典

料金についての特典は各プロバイダによっていろいろあります。

たとえば、最大12ヶ月月額基本料金が無料(OCNさん)とかいくらキャッシュバックとかさまざまです。

ここでオススメなのがOCNさんの最大12ヶ月月額料金が無料という特典ですね。

月額基本料金が最大12ヶ月無料というのはパソコンとかをたくさん使う人にとって、とてもおいしい特典じゃありませんか。

12ヶ月無料というのは単純計算でも結構料金がお安くなると思います。 ネットをたくさんつなぐ方やオンラインゲームをよくされる方、動画サイトをよく利用される方にとっての光回線の料金は安い方がいいですよね。 そしてそれによってプロバイダ料金が安いところを探してしまいますよね。 料金は安ければ安い方がいい。しかし安くてもサービスなども求めてします。それって人間の真理ですよね。 料金は一概にもいえません。いろいろなプロバイダさんに問い合わせ自分にあったものを探しましょう。

光をつないで高速インターネット

「光」とは高速インターネットを可能にした、光ブロードバンド回線のこと。

私が住んでいる地域のNTT西日本では、フレッツ光やというサービス名で幅広い世帯で提供されています。 インターネットの回線にはADSLというものがありますが、光回線はそれよりも速く安定しているので、とても人気の高いサービスです。

◎フレッツ光でできること

  • パソコンを使ってインターネット。無線LANを使えば家中どこでもWEBサイトを閲覧したり、オンラインゲームを楽しむことができる。
  • プレイステーション3などのゲームをオンラインプレイすることができる。
  • 大容量のサイトや動画もサクサク動き、快適に観ることができる。
  • 光電話を契約すると、光電話同士の通話料が無料。(基本料金は別途かかります。)

ここで挙げたこと以外にも様々な楽しみ方があるんです。 例えば、NTT光テレビに加入すれば、毎月配信される専門チャンネルが、いつでも好きなときに楽しむことができます。 また、カラオケ配信サービスも行われていますので、自宅でカラオケをみんなで楽しむことができるんです。

光マンションタイプの特徴

光回線は、すんでいる住宅のタイプによって、料金が違っていて、一軒家よりもマンションタイプのほうが料金的にお得なのが特徴です。

◎NTT光フレッツの料金

  • 戸建て住宅の場合      約5200円程度
  • マンションタイプの場合   約3900円程度

これにプロバイダー料金が、大体ですが1500円程度かかります。

合わせると6700円と5400円になりますので、マンションタイプにすると月額1500円ほどお得になるというわけです。

なぜマンションタイプのほうがこれほど安いのかというと、戸建て住宅と違いマンションタイプの場合、1つのアクセス回線でそのマンションに住む大勢の居住者のネット回線を収容するからです。 つまり、割り勘になっているため費用が抑えられ、料金が安くなるというわけです。 ただし、これにはデメリットもあって、1本のアクセス回線を多くの人間が共有しているわけですから、回線が混雑するとまれにネットが重くなるということがあります。 しかし、それほど深刻なものではありませんし、私が住んでいたマンションでは全く問題はありませんでした。

また、NTT西日本のフレッツ光では、初回最大2ヶ月無料の特典がついてきますので、他のADSLを使っている人でも、家計に負担なく光回線サービスに切り替えることができるんです。

マンションタイプと一戸建ての料金の違い

今主流の光回線。ADSLから乗り換えた人はその速さにびっくりしたと思います。 その光回線も進化して、一戸建てのタイプとマンション型のタイプに2種類に進化しました。 その違いとは、料金!

それぞれのプロバイダーによって値段は異なってきますが、マンションタイプなら3000〜4000円、一戸建てタイプなら6000〜7000円と大きく変わってきます。

★一戸建てタイプ★

値段が高い一戸建てタイプには、ちゃんとメリットも存在します。 まず、申し込んでから工事会社との連絡を決めます。(書き入れ時を除けば、平均2〜3週間で、土日は混んでいるので平日がお勧めです!) そして工事が簡単。エアコンの差込口や、電話線の引き込み口に光ファイバーをつなぎ、ルーターに繋ぎパソコンと繋げます。 光ファイバーはとても脆いので、強い衝撃を受けると簡単に折れてしまうので、注意ですね。

そしてなんと言っても速度が違います。 1家に1台のパソコン配置なら、早い速度を独り占め!今の光回線は1Gbpsの速さを誇っており音楽ダウンロード、動画の閲覧、写真などの画像のデータのアップロード、多くの作業がスムーズ! ADSLだった頃のイライラなんか、さよならです!快適なネットライフを楽しむ事が出来るのです

★マンション型タイプ★

料金の安いマンション型に関しては、光ファイバーの回線を引き込んで共有部分から、回線を分配します。光ファーバーを共有する事によって、価格が安く済むのです。 ただ若干、一戸建てタイプとは違い遅くなりますが、ADSLの頃の遅さとは比べるまでもなく、快適にネットライフを楽しめます。 アパート等もマンションタイプに該当します。その場合はちゃんと大家さんの許可を取り、一戸建てと同じような工事をします。 アパートによって異なりますが、4部屋のアパートだった場合、1部屋希望したら、その部屋のみ光回線を繋げる事ができます。

★光回線を選ぶコツ★(一戸建てタイプ、アパートに限りですが)

今光回線を展開している会社は沢山あります。 電気屋さんに行くと、申し込んでいただくと「今なら3万円相当の○○が1万円!」「パソコンが1円」等と等のキャンペーンを歌っています。 そして店員さんの説明がうまいので、ついつい乗せられてしまった・・・

それでいいんです!自分がほしいオプションがあったり、今使ってるものより料金が安いでも理由はどうであれ、今の光回線はそんなに違いがありません。 いかに安くするか大切な事なんです。各会社には契約期間が存在するので、確かめてから乗り換えてみて下さい。きっと快適なネットライフが楽しめると思います!